2018年4月15日日曜日

3つの文書から見えて来るイソシアネートと腎臓がんの関連

お断り:私は医者でも化学者でも有りませんので、文書の存在のみお知らせします。私の理解する限り癌とイソシアネートの関連が疑われ、中でも腎臓がんとの関連が気になるのでお知らせします。

1.米国のCDCから出ている、癌がトルエンジイソシアネート(TDI)およびトルエンジアミン(TDA)へのばく露に関連しているという文書(動物実験の結果)
原文のURL(米国CDCの下部組織NIOSH 注参照)
https://www.cdc.gov/niosh/docs/90-101/default.html
<関連する部分のGoogle機械翻訳> NIOSH Publication No. 90-101(1989)
  このパンフレットは、癌が商業用TDIへの曝露に関連していることを示す動物研究の結果と意味を説明しています。 また、TDIおよびTDAの既知のヒトの健康への影響を示し、職場暴露を最小限に抑えるためのガイドラインを示唆している。

(注) ナイオッシュ【NIOSH】[National Institute of Occupational Safety and Health]
《National Institute of Occupational Safety and Health》労働災害の予防を目的とした研究・勧告を行う米国連邦政府の研究機関。CDC(米国疾病予防管理センター)の下部組織。(コトバンクより)

 この刊行物の目的は、トルエンジイソシアネート(TDI)およびトルエンジアミン(TDA)の潜在的な発癌性に関する新しい情報を普及することです。動物における慢性毒性の研究からの最近のデータは、癌が市販グレードのTDI2,4-および2,6-TDI80:20混合物)および2,4-TDAへの曝露に関連するという証拠をもたらしたTDIの製造に使用される試薬およびTDIの加水分解生成物である。 TDIおよびTDAで治療されたラットおよびマウスの両方で観察された腫瘍原性応答は、物質を潜在的な発癌物質として分類するための労働安全衛生管理(OSHA)がん政策の基準を満たしている[連邦規則コード第29章、1990.112 ] NIOSHは、他のTDIおよびTDA異性体の発癌性を評価するためのデータが不十分であるため、すべてのTDIおよびTDA異性体に対する職業暴露を減らすべきであると結論づけている。したがってNIOSHは、TDIおよびTDAのすべての異性体を潜在的な職業発ガン物質とみなし、職業暴露を可能な限り低い濃度に制限することを推奨する。ヒトにおけるTDIまたはTDA誘発性癌の可能性は明らかにされていないが、職場におけるTDIおよびTDAへの曝露を減らすことはリスクを低減するはずである。

 動物における実験的研究は、トルエンジイソシアネート(TDI)が発癌性であることを実証している。ラットおよびマウスを市販のTDI2,4-および2,6-TDI80:20混合物)に経口暴露すると、両方の種に腫瘍が誘導された。 TDIの発癌性の全身性は、複数の部位(膵臓、肝臓、皮膚、乳腺、および循環系)における腫瘍の出現によって実証された。統計的に有意ではないが、稀な脳腫瘍がTDIに曝露されたラット(2つの神経膠腫および1つの松果体)において見出された。歴史的対照は神経膠腫の発生率が低く、松果体の発生率は報告されていない。



2.イソシアネートへのばく露は腎臓がんを誘発する 原文のURL(ResearchGate)
https://www.researchgate.net/publication/26280205_Mitochondrial_oxidative_stress_elicits_chromosomal_instability_after_exposure_to_isocyanates_in_human_kidney_epithelial_cells
<関連する部分のGoogle機械翻訳>
ミトコンドリア酸化ストレスは、ヒト腎臓上皮細胞におけるイソシアネートへの暴露後の染色体不安定性を誘発する
要旨
 酸化ストレスの役割は、しばしば環境腎疾患に起因する。種々の工業的用途を有するユビキタス化学基であるイソシアネートは、偶発的および職業的暴露によって生物変換反応を起こすことが知られている。この研究は、培養ヒト腎臓上皮細胞における染色体不安定性を誘発するイソシアネート媒介ミトコンドリア酸化ストレスの役割を描写している。メチルイソシアネートの0.005mM濃度で処理した細胞は、形態学的形質転換およびストレス誘導性老化を示した。時間経過とともに、酸化ストレス、スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)およびグルタチオンレダクターゼ(GR)の枯渇および8-オキソ-dGの一貫した蓄積を示すDCF蛍光の増加が認められた。したがって、内因性酸化ストレスは、p53、p21、サイクリンEおよびCDK2タンパク質の異常な発現をもたらし、細胞周期の調節解除、染色体異常、動原体増幅、異数性およびゲノム不安定性を示唆した。


3.細胞間の相互作用で良性腫瘍ががん化する仕組みを解明

ミトコンドリアの機能を低下させると、周辺の良性腫瘍ががん化する
原文のURL(科学技術振興機構、神戸大学の研究発表)
細胞間の相互作用を生体内で解析することが可能なショウジョウバエを用いた実験系により、前がん状態の良性腫瘍の一部でミトコンドリア注1)と呼ばれる細胞内小器官の機能を低下させると、細胞外に少なくとも2種類のたんぱく質(炎症性サイトカイン注2)細胞増殖因注3))が分泌され、これらによってその周辺の良性腫瘍ががん化するという仕組みを世界で初めて明らかにしました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

宜しかったらコメントを下さい。多忙(登山、花の写真整理)や体調不良で返事が遅くなるかも知れませんがよろしくお願いします。