2019年2月3日日曜日

外へ出ると危険:外気はマイクロカプセルだらけ



 2019.02.03(日)今日は朝から晴れて気温も上がり、庭の松の手入れでもしようと考えていました。妻はシーツを洗おうかと言っていましたが、急遽中止して締め切った家の中にこもる事にしました。

 朝7時頃からPM2.5の値が上がり始め、今日は危険な日になる予感がしたからです。案の定11時過ぎにはピークとなり、外へ出るとマスクをしていてもいやな臭がして、頭痛がしてきます。

 また、ピークは過ぎてしまいましたが、11:25から1時間半位PM2.5を測定している所の微粒子を両面テープで捕集して顕微鏡で見てみる事にしました。

<PM2.5等の二日間測定データ>ほとんど出ない日と大量に出る日がある

・測定器は2種類を使用
N1:Dienmern 空気汚染測定器


PM10,PM2.5,PM1.0の各々が測定できる
        (フィルター分離方式)
HCHOホルムアルデヒド,TVOCも測定できる
記録機能は無し










D2:NOKLEAD  Hometown PM2.5測定器


PM2.5が測定できる
記録機能は無し






①ほとんど出ない日 2019年2月2日(土)






















②大量に出る日 2019年2月3日(日)
・昼頃にPM10,PM2.5,PM1.0共にピークが出ている。TVOCもわずかに上昇
 PM2.5の環境基準は1日平均で35㎍/㎥で、ピークではあるがこの値を越える

・夜の初めにホルムアルデヒドHCHO,TVOC共に急増する
 ホルムアルデヒドの室内濃度指針値は100㎍/㎥であるが、室外でそれをはるかに超える
 TVOC総揮発性有機化合物の室内濃度暫定目標値は400㎍/㎥であるが、これも室外ではるかに越えている



















<2月3日ピーク直後微粒子の顕微鏡写真>
 PM2.5のピークが出た2月3日の11:35から約1時間半の間、測定器近くの微粒子を捕集し顕微鏡で観測してみた。

 異物は数個見られただけで、ほとんどがマイクロカプセル、中でも複合カプセル(カプセルの中にまた小さなカプセルを入れている)でした。
 まだ花粉は見つかりませんでしたが、これから多くなると観測に支障が出そうです。

 窓を開けたり外に出ると、これらを吸い込む事になります。
マイクロカプセルの形状が分かる 3,000倍
長径は60μ位
小さい粒々の子カプセルは数μ~1μ以下
















中身が出きったクラゲみたいなマイクロカプセル 3,000倍









破裂して飛び散ったマイクロカプセル


バラバラで中身が飛び散ったマイクロカプセル





完全に壊れたマイクロカプセル 3,000倍










卵形のマイクロカプセル 3,000倍















中から子カプセルを飛ばして 3,000倍


















































子カプセルがくっついたままのマイクロカプセル
















マイクロカプセルどうしくっついてしまった 1,000倍
















大きなマイクロカプセルか? 1,000倍

















0 件のコメント:

コメントを投稿

宜しかったらコメントを下さい。多忙(登山、花の写真整理)や体調不良で返事が遅くなるかも知れませんがよろしくお願いします。