2018年11月11日日曜日

妻が帰ってくると涙と咳

 今日は久しぶりに良い天気で、やっと孫がロープウェイとケーブルカーに乗りたいと言っていたのが実現しました。筑波山に電車とバスを乗り継いで出かけました。

 と言っても、ママと孫、ばあばの3人で私は行くことが出来ません。日曜日で混雑した所に行ったら、その中の柔軟剤を使用している人の影響でせき込み・涙や頭痛でひどいと神経もやられて寝込んでしまうからです。

 私は一人で庭木の手入れでもしていようと思いましたが、朝起きるとのどが突っ張った様な感じがして頭痛もしました。新聞を取りに玄関ドアを開けた途端に強い甘い石鹸集がして、その後ウォーキングに出ると、自宅の周り数十mは強い匂いが立ち込めて、西の方に歩くと臭いがより強くなりますが、どこも洗濯物は出ていません。

 今度は北の方に歩くと、石鹸臭がまた強くなり、洗濯物が出ていないS家を過ぎると消えました。駅まで行くとその他7か所柔軟剤の酸っぱい臭いや甘酸っぱい臭いがする場所が有りましたが、我が家の周りが最強でした。

 今朝はこんな状況なので、天気が良くても窓や換気口は全部閉め切って、空気清浄機をつけっぱなしです。部屋の片づけで一人過ごして午後になり臭いの消えるのを待ちましたが、2時になっても消えないので、着替えて肌を露出しないようにし、活性炭のマスクもして庭仕事をしました。

 3時半過ぎに休憩していたら妻が帰ってきて部屋に入ると、途端に私は涙と咳が出ました。妻に近づくと着ていたシャツから柔軟剤のきつい臭いがします。すぐに着替えるように頼んで着替えてもらい、私はうがいをして目と顔を洗ったら治りました。この時、空気清浄機の匂いセンサーは赤の表示で、私は妻に近づくまで臭いを感じなかった(涙と咳は出た)が、空気清浄機の臭いセンサーの方が私の鼻より敏感でした。

 妻の着ていたシャツに、柔軟剤使用の人から飛んだマイクロカプセルが付着し、それがはじけて臭いとイソシアネートを出していたと思われます。涙と咳はイソシアネートの典型的な症状です。

 今日は測定器がないのでどれ位のレベルか分かりませんが、以前電車の中での大気を測った時は、混雑した時は1.5ppbにも達し、アラームが鳴って焦ったことが有ります。米国の工場で8時間働く大多数の人が職業病にならない様にする規制値が1ppbですので、ピーク値ではありますが、有毒ガスが発生する工場の中よりひどい事になります。


2018年11月6日火曜日

車のフロントガラスに付着するマイクロカプセル

 先日旅行に出掛けた時の事、対向車のライトが当たる角度によってこちらのフロントガラスに一面キラキラ光ったごく細かい物が霧が掛った様に見えました。フロントガラスを顕微鏡で覗くわけにはいかないので、代わりにそこにスライドガラスをぶら下げて、そこにくっつく物質を顕微鏡で昨日見てみました。

 出かける前にガソリンスタンドでフロントガラスはきれいに拭いてもらって、自分でもガラスクリーナーで丁寧に拭いておいたのですが、それでも取れない物質です。

捕集期間:2018.11.05(月) 11:41~15:59
捕集方法:
運転席の上あたりにプレパラートをセロテープでぶら下げておく。














当日の状況:
 4:12 霧雨で北微風 臭い感じず
11:03 雨は上がって曇り時々晴れ、外へ出るといやな臭い。近所で布団干してある。
13:23 外へ出た瞬間、柔軟剤の薬臭い臭い。布団は取り込んであった。
15:22 窓を閉めた階段まで柔軟剤臭が入って来ている。家の前の道路は柔軟剤臭の
    強い所がある。
15:38 空気清浄機(活性炭+HEPAフィルター)の近くで洗濯物を畳み始めると、
    空気清浄機の表示が臭い、ホコリ共にグリーンからオレンジになり、微粒子と
    ガスを検知した。Atmotubeで測定しているTVOCも0.56ppm→0.58ppmと
    0.02ppm(20ppb)増加した。
16:10 顕微鏡で観察開始。観察中に咳が出る事が有る。
22:00 寝る直前まで観察を続け、寝入りばなに激しい咳が出て暫く寝られず。
---------------
翌朝  目やにがひどかった。(観察中に有毒物質にさらされたか?)

<観察画像>
画像は全て3,000倍(光学1,000倍Xデジタルズーム3倍)
バックのもやっとしているのは、顕微鏡の台の模様がピンボケで写っている為です。

破裂した香料の親カプセルの一部とその中身の液体や子カプセル(粒々の塊)と思われる
右上の細長い円形状の物は子カプセルと思われる























破裂した親カプセルの破片と、
近くに散らばったごく小さな(1μ以下)子カプセルと思われる。
(光学顕微鏡の限界で薄い点としか見えない)























破裂で飛び散った親カプセルの破片と散乱する子カプセル























破裂した親カプセルの殻の一部と思われる
左にごく小さな(1μ以下)の子カプセルと思われる物が見える
























親カプセルの中身の液体(粘性が高い)と思われる
中に子カプセルが見える
























破裂で激しく飛び散った親カプセルの中身の塊と思われる
表面に子カプセルが見える
























破裂で激しく飛び散った親カプセルの中身や多数の子カプセルと思われる
子カプセルは1μ以下で、これを吸い込んだら肺の奥深く入り込む
子の中身は合成香料の液と思われ、そうだとすると高濃度で体に入る





















子カプセルの破裂跡と思われる
観察中にも何かが飛ぶ様に見えた物が有ったが、残念ながら見失った
























上の二つは子カプセルの破裂跡でしょうか?尾を引いている
良く見ると、その右下にごく小さな(1μ以下)の子カプセル























破裂して飛び散った親カプセルの中身と思われる






















破裂で飛び散った子カプセル。2個はネバネバした液体でつながっている