2018年9月16日日曜日

山の中でもマイクロカプセルだらけだった

 山の中のハイキングコースでイソシアネートを測定する事を考えていましたが、実現しなかったので、代わりに柔軟剤等で使用されているマイクロカプセルが飛んでいるか調べてみる事にしました。

調査日時:2018年9月9日 8:53~13:50(4時間57分)
天候:曇り、霧 後晴れ
調査場所:筑波山の北東側、東筑波ハイキングコースで筑波高原キャンプ場を出発し、つつじヶ丘までを往復8.1km(下記地図参照。紫色の線がGPSで記録された歩いた軌跡です)


 平日はほとんど人に遭わないコースですが、日曜日なので20名位に追い越されたりすれ違ったりしたでしょうか。
















<調査方法>
スクリュー管と捕集用両面テープ

 マイクロカプセルの捕集には、ビニール袋の中に入っている黒い紙に両面テープを貼った物を使用しました。両面テープの部分は20X8mmです。

 捕集開始時に両面テープの剥離紙を剥がして粘着面を出します。

 バックが黒いので、このまま顕微鏡で観察できます。但しこの方法は簡単ですが粘着面も見えてしまうのが欠点です。

 直ぐに撮影出来ないので、左のスクリュー管に入れて保管します。今回はスクリュー管が間に合わなかったので、捕集後1日だけ上と同じチャック付きビニール袋で粘着面が付かない様に保管して、撮影してからスクリュー管に入れました。

 特記無き画像は光学1,000倍Xデジタルズーム3倍=3,000倍で撮影しています。
 周りの両面テープ粘着剤が光って見にくいので、目立たなくする為に2枚目からは周りの明度を落とす加工を施しています。

<カプセルやその破片、飛び出した中身が沢山見られる>
光学1,000倍

 気持ち悪いぐらいカプセルだらけで、まるでマイクロカプセルの墓場です。これは、私のウェストバッグに飛んできた物です。

 空気のきれいなハイキングの山の中でこの空気を吸っていると考えるとぞっとします。


 マイクロカプセルはマイクロスフェアとも呼ばれ、透明な(ポリウレタンが適していると色々な特許に書かれています)カプセルの中に合成香料を入れたり、更に合成香料を入れた小さなカプセルを多数入れています。これらが繊維がこすれたり、汗や水分、温度変化、自然劣化等で破壊されて香りを放出します。壊れやすさをコントロールすることで、早く壊れる物から遅く壊れる物まで色々混ぜる事で長く匂い続けることが出来ると考えられます。以下の写真の物はどこのメーカーのどの製品の物かは分かりませんが、山の中でもこれだけ飛んでいるとは驚きです。



<壊れたマイクロカプセルから中身が出ている>














































































<中身がばらばらに吹き飛んだカプセル>

 一部がまだ中に残っている




















<子カプセルがさらに破裂?>

 飛んできた子カプセルが更に割れて中身が出ていると思われる。


















<塊となって飛び散ったカプセルの中身?>





2018年9月7日金曜日

干した洗濯物から剥がれた香りのカプセルは大量に近所へ飛ぶ?

 近所で洗濯物を夜干しして匂い最強を誇るお宅の敷地境界で、翌朝早朝に大気中の浮遊物を52分間サンプリングして顕微鏡で観察してみました。8mmX20mmの両面テープにくっついた大量の浮遊物です。

9/5(おそらく入浴後)洗濯
  ↓
9/5(22:00頃) いつも夜干しで強烈な臭いが立ち込める事が多い
        (我が家から北北東約40mの距離)但し、この日は未確認
  ↓
9/6 4:06 我が家の玄関ドアを開けると薬臭いいやな柔軟剤臭がする。晴れて北風微風。
  ↓
 4:25 嫌な臭い(表現が難しい複雑な臭い)
  ↓サンプリング期間
 5:17 まだ嫌な臭いがする
  ↓
顕微鏡で観察

 特記無き画像で左の小さい画像は光学1,000倍(レイアウトの都合で小さく掲載していますが、画像をクリックすると大きく表示されます)
 右側の中くらいの画像は光学1,000倍Xデジタルズーム3倍で3,000倍








 カプセルの中から下方に内容物が飛び出しているのが見られる。














 カプセル自体が崩壊?













 カプセルの中から内容物が激しく周りに飛び散っているのが見られる。














 カプセルが激しく破裂して原型をとどめない?











 カプセルの中から小さな塊となって内容物が飛び出している。













 カプセルの中から粒々が飛び出している。













 カプセルの中から粒々が飛び出している。





























光学1,000倍









 色々な形に壊れたカプセルの残骸。カプセルの墓場のよう。




光学1,000倍
















光学1,000倍
































 まだ1μ程度の粒々が放出されずに中に残っている。












 カプセルの中身が下側に流れ出ている












 中身が近くに飛び散っている













 中身が近くに飛び散っている




 今回は短い時間にも関わらず、発生源と疑われる家の近くでサンプリングすると、大量の破壊したマイクロカプセルが大気中を浮遊している事が分かった。これらの一部が我が家まで飛んできていると推定される。

 そして、これらマイクロカプセルの壊れた破片は透明で、ポリウレタンの可能性が高い。分解すると、元の材料のイソシアネートが発生すると言われている。大気中や家の物にくっついているうちに分解したり、もっと恐ろしいのは我々の呼気から吸い込まれて体の中で分解したら恐ろしい事が起こっているのではないだろうか?