2015年10月11日日曜日

登山道で臭いが強烈になる柔軟剤の成分と毒性・発がん性の推測

 柔軟剤の香り成分は法律で規制が無く、香料とだけしか製品には書かれていません。

 しかし、かなり危険な物質が含まれていることは、我々化学物質過敏症でこれらの物質に対して感度が高い者は症状から感じています。また、実際に国民生活センターの試験でもアレルギーを起こす物質が検出されています。→リンク

 最近、「水分・汗でさらに香る」というキャッチコピーを見つけ、これを見たとき、これか!と思いました。山に登ったとき、登山道で会う人の柔軟剤臭が異常に強いのを以前から不思議に思っていましたが、運動した時に匂いを強くする何種類かある方法の一つが見えました。

 実際にこのキャッチコピーの製品デリンジャー現象を起こす太陽表面の現象と同じ名前の柔軟剤を使っている人かどうか確認はできませんが、登山道で汗びっしょりになった人からはかなり強烈な臭いが出ることが想像できます。

 この製品の説明で、「自然なジャスミンの香りを作るときに重要な隠し味が、インドールという成分」と書かれています。

 このインドールという物質のMSDSを職場のあんぜんサイトで見ると、大半が「データなし」という状況です。例えば、

吸引性呼吸器有害性  データなし。(GHS分類:分類できない)

 ところが、このインドールという物質をNIH(U.S. National Library of Medicine)のデータベース TOXNET(TOXICOLOGY DATA NETWORK)で調べたところ、
(和訳は英語アレルギーの私が訳したので怪しいです。どうぞ以下のリンクから原文を参照して下さい。→リンク

CASRN: 120-72-9

Clinical Effects:       臨床的な影響
0.2.1 SUMMARY OF EXPOSURE 暴露(された場合)の概要
   0.2.1.1 ACUTE EXPOSURE 急性暴露
     A)  A SPECIFIC REVIEW on the clinical effects and treatment
         of individuals exposed to this agent HAS NOT YET BEEN
         PREPARED. The following pertains to the GENERAL
         EVALUATION and TREATMENT of individuals exposed to
         potentially toxic chemicals.
     B)  GENERAL EVALUATION - 一般的な評価
      1)  Exposed individuals should have a careful, thorough
          medical history and physical examination performed,
          looking for any abnormalities. Exposure to chemicals 強い臭気暴露は、頭痛、めまい、
          with a strong odor often results in such nonspecific 脱力感、吐き気など非特異的症状
          symptoms as headache, dizziness, weakness, and nausea. となる。
     C)  IRRITATION - 刺激性
      1)  Many chemicals cause irritation of the eyes, skin, and 多くの化学物質は目、皮膚、気道
          respiratory tract. In severe cases respiratory tract の炎症を引き起こす。重症の場合に
          irritation can progress to ARDS/acute lung injury, は気道刺激はARDS/急性肺損傷に
          which may be delayed in onset for up to 24 to 72 hours 進行する場合が有り、時として
          in some cases.                           24-72時間遅れて発症する。
      2)  Irritation or burns of the esophagus or 
          gastrointestinal tract are also possible if caustic or
          irritant chemicals are ingested.
     D)  HYPERSENSITIVITY - 過敏症
      1)  A number of chemical agents produce an allergic 多くの化学物資は過敏性皮膚炎や
          hypersensitivity dermatitis or asthma with 喘息、慢性暴露では気管支けいれんと喘息
          bronchospasm and wheezing with chronic exposure. を起こす。

Laboratory:
A)  A number of chemicals produce abnormalities of the 多くの化学物質は造血系、肝臓、腎臓
       hematopoietic system, liver, and kidneys. Monitoring に障害を引き起こす。
       complete blood count, urinalysis, and liver and kidney
       function tests is suggested for patients with significant
       exposure.
   B)  If respiratory tract irritation or respiratory depression
       is evident, monitor arterial blood gases, chest x-ray,
       and pulmonary function tests.


 上記は化学物質一般への暴露の影響ですが、動物実験ではインドールは膀胱がんの発生率を高めるとも書かれています。
Non-Human Toxicity Excerpts:

 ...INDOLE...ENHANCE/S/ INCIDENCE OF BLADDER CANCER IN CERTAIN...DEFINED SITUATIONS. ...RATS FED 2-FAA IN DIET WITH...0.8 OR 1.6% INDOLE...DEVELOPED BLADDER TUMORS WHEREAS THOSE FED 2-FAA ALONE DID NOT. ... IN HAMSTERS, INDOLE...& 2-FAA /2-ACETYLAMINOFLUORENE/ GAVE SLIGHTLY MORE BLADDER TUMORS THAN DID 2-FAA BY ITSELF.

[Searle, C. E. (ed.). Chemical Carcinogens. ACS Monograph 173. Washington, DC: American Chemical Society, 1976., p. 130] **PEER REVIEWED** 

 私は医学、化学については全くの素人で良くは理解できませんが、一つ明らかになったインドールという物質だけでも発がんの危険と過敏症を誘発する危険が有ることが分かりました。
 最近は50種類ものこれらの香料原料を使用しているのをPRしている製品も有ります。臭いのきつい柔軟剤を使用した人が追い越しざまに凄まじい臭いを残して、姿が見えなくなってもずっと登山道に残っていると、脇道に逃げてずっと臭いが消えるのを待つしか手が有りません。また、最近は花の匂いも感じなくなる活性炭マスクをしていても、嫌になるほど感じてしまう程強い臭いを発する柔軟剤人間が溢れています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

宜しかったらコメントを下さい。多忙(登山、花の写真整理)や体調不良で返事が遅くなるかも知れませんがよろしくお願いします。