2017年1月31日火曜日

小児科にも柔軟剤臭の有毒物質が押し寄せて

孫が熱を出したので小児科医院へ連れて行った時の事です。
超小型のVOC(揮発性有機化合物)測定器を持参して空気の汚染具合を測ってみました。
私は人混みが苦手なので、活性炭のマスクをして出かけました。

<Atmotube測定例 1月31日(火)孫を小児科医院に連れて行く>
時刻  TVOCppm   環境・症状(活性炭マスク着用時)
 9:54   0.8     小児科医院感染症患者用待合室・・・空気清浄機稼働中マスク着用でこの時は
            問題無し。
10:07   0.7           同上。新しい母子が来たらマスク効かず酸っぱい柔軟剤臭で咳止まらず
            車へ逃げる
10:20   0.6     車中にて症状治まる
10:43   0.7     待合室に戻ったら母子居なくなりOK
11:01   1.0     待合室で柔軟剤臭きつく目にしみる。新しく来た人が原因と思われる。
11:12   1.0     調剤薬局へ移動したが問題無し
11:58   0.9     自宅1F和室OK
15:02   1.0     同上OK
18:20        複視ひどい

 10:07にはTVOC(揮発性有機化合物の総量)が減っているのにも関わらず、マスクをしていても臭いがして咳が出てきた。この事は、ごく微量でも症状が出る物質が作用している事を物語っている。

0 件のコメント:

コメントを投稿

宜しかったらコメントを下さい。多忙(登山、花の写真整理)や体調不良で返事が遅くなるかも知れませんがよろしくお願いします。