2014年2月13日木曜日

今使っている咳が出ない、気持ち悪くならない柔軟剤とヘアリンス

 合成香料のレベルは、私の主観で2つのレベルに分けられると思います。

<強烈なレベル>
・最近流行の柔軟剤や洗剤、その他芳香剤等に使われている、臭いが後々まで残るタイプ
人が居ないのに、臭いが歩いた跡に漂っている。まるで透明人間が居るみたいです。
 電車の車両に一人でもこの人が居たら最悪です。
・この臭いをかいでしまったら最後、咳や頭痛、ひどいと猛烈な脱力感に襲われ(まるでベッドに押し付けられている様な脱力感)数日寝込みます。

<すれ違った時に臭いを感じるレベル>
・従来タイプの柔軟剤です。すれ違った位では平気ですが、ずっとこの臭いを嗅いでいると、咳が出たり頭痛がしてきます。


<最近買った無香料のリンス>
 ずっと妻が使っていたA社のリンスが強烈なレベルの合成香料に変わってしまい、風呂上りには同じ部屋どころか、同じ階には居られなくなり、使用を止めてもらいました。代わりに妻が探してきた無香料の物です。
























 こちらは臭いの少ない柔軟剤です。残念ながら良く行くホームセンターではずいぶん前に扱いを止めてしまいました。今は強烈な臭いのが主流になってしまいました。
 ○○薬局で時々特売で売っているので、その時に妻がまとめ買いしています。
 成分には香料と書いて有りません。これでも部屋干しすると咳が出たり、頭痛がしたりする時が有りますが、使用量を1/3~1/2に抑えて使えば何とかなっています。
























以上、あくまで私の身体での判定ですが、参考にして下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

宜しかったらコメントを下さい。多忙(登山、花の写真整理)や体調不良で返事が遅くなるかも知れませんがよろしくお願いします。