2016年10月17日月曜日

柔軟剤香料マイクロカプセルの正体(臭いの正体)その2

 香りの強い主要な柔軟剤3種類について、発生する成分の観測を行いました。データの整理に時間が掛かるので、それらの画像を先に公開します。

 アクリル90%とウール10%の混紡布で、アクリル繊維の表面に付着した香りのカプセルを1,000倍maxのデジタル顕微鏡を借用して撮影しました。化繊の方がカプセルがくっつき易いそうです。

 解像度を上げようとしましたが、スピードが遅くなりピント調節や位置合わせに遅れが出てうまく撮影出来ませんでしたので、低解像度VGAでの撮影です。


<PBR>・・・香り付き洗剤で手洗いの後に柔軟剤処理した布
アクリル繊維にくっついた合成香料のカプセル(X1,000)

カプセルが破壊された跡と思われる(X1,000)

合成香料カプセルを真上から見たところ(X1,000)右上の光っている結晶の様な物

上の写真の右上の光っている部分をデジタル処理で拡大
中に大きな粒や小さな粒らしき物が見える


<KF>・・・柔軟剤処理のみ
アクリル繊維にくっついた合成香料のカプセル(X400)
アクリル繊維にくっついた合成香料のカプセル(X1,000)

<LS>
アクリル繊維にくっついた合成香料のカプセル(X400)

アクリル繊維にくっついた合成香料のカプセル(X1,000)

上記写真をデジタル処理で拡大
中に小さな粒が見える

 電子顕微鏡だと鮮明に撮影できるそうですが、表面しか見えないそうで、この様に中を見る事は出来ないそうです。それに価格が・・・ピンキリだそうですが、車が1台、良いのになるとベンツが買える位になってしまうので遠い世界ですね。借用できる機会でもあれば、お見せしたいと思いますが。

 これらの大きな粒がはじけた時に、外側の殻の成分が分解されて有毒成分が出るのか、それとも中の小さなカプセルがPM2.5となり空中を漂って、我々の肺に入り香料やカプセルの成分が血液に効率よく取り込まれて、分解の苦手な人々に色々な症状をもたらしているのでは?と疑っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

宜しかったらコメントを下さい。多忙(登山、花の写真整理)や体調不良で返事が遅くなるかも知れませんがよろしくお願いします。