2018年1月31日水曜日

ウィルスの様に次々と伝染するイソシアネート(マイクロカプセル?)

 今日、久しぶりに妻が女性専用のスポーツジムに行きました。帰ってくると3m位離れていても柔軟剤臭がプンプン臭います。

 直ぐに着替えて貰って、脱いだ衣類(ズボン、Tシャツ、カーディガン)からイソシアネートが出るか測定しました。

 その結果、叩いただけでは全て出ませんでしたが、ヘアードライヤーの弱で体温程度に温めるとTシャツから0.9ppbのイソシアネート(トルエンジイソシアネートとして測定)を検出しました。

 また、この試験の前に昨日測定した回覧板の測定に使用した検体を覆うビニール袋が汚染されているのではと、残っていた袋のみを測定してみました。
 結果は、案の定、叩くと0.8ppbのイソシアネートが発生しました。原因となる回覧板がもう無いにも関わらずイソシアネートが発生した事になります。昨日の回覧板の測定では0.9ppbが出ましたが、それを包んでいたビニール袋も0.8ppbで汚染されてしまった事になります。

 このイソシアネートという物質は、米国の職場の作業環境では1ppb以下に抑えないと職業病に掛かる人が増えるという事で恐れられている化学物質です。短い時間では有りますが、こんなものが柔軟剤臭に伴って発生し、次々と伝染していくのは恐ろしい事です。

<測定方法と測定風景>
Tシャツから0.9ppbを検出している所
大き目なビニール袋の底に穴を開けて、その穴からSPM Flexの吸引チューブ(長さ15cm)とAtmotubeを差し込む。反対側の開いた方から測定対象を入れて、左から右へ空気が流れる様にして測定。

 SPM Flexはイソシアネートの種類が不明の為に、トルエンジイソシアネートとして測定。




<測定データ>


0 件のコメント:

コメントを投稿

宜しかったらコメントを下さい。多忙(登山、花の写真整理)や体調不良で返事が遅くなるかも知れませんがよろしくお願いします。