2014年9月20日土曜日

香害:香り付き柔軟剤(香り付き洗剤)の蓄積効果とアルコールによる症状激化

 私のように合成香料アレルギーの人間では、吸い込んでしまった時の影響は蓄積し、徐々にしか影響物質は排出されず、またその影響がアルコールにより何倍もひどくなる。これが経験上最近分かってきたことです。また、医師から言われたように、ごく微量でも影響が出ている時は症状がひどくなるようです。

 この合成香料アレルギーになったと同じ頃から貧血が徐々にひどくなって、治療で1年間鉄剤を飲みある程度は良くなりました。合成香料による影響で、意識を失いかけたり、目の前が突然真っ暗になったりする症状は脳貧血から来ている様な気もします。私は医者ではないので、あくまで推測ですが。

<症状から見た根拠>
 私は医師でもないし、亀の子(化学構造)が分かる人間でも有りません。しかし、自分の体がどの様に合成香料に対して反応しているかは、注意を払っていれば分かります。

 最近は合成香料をなるべく吸わない様に、注意をしています。なるべく人混みを避け、歩く時は風上側を歩く。すれ違って臭いがした時は、息を止めて臭いが無くなるまで待つ。電車やコンサート会場では、臭いがしてきたらとにかく離れてできるだけ影響の無い席に移動する。しかし、以下の様に逃げ切れないで吸ってしまった事もあります。

9/3 河口湖の日帰り入浴施設の土産物コーナーで、すごく臭う人が通り過ぎた。通り過ぎた人が居なくなってもずっと臭いが残っている。喉が痒くなり咳が出てきたので、できるだけ息を止めて外に出る。咳は治まったが、帰りの首都高で行き先表示が読み辛かった。

9/4 自宅の部屋で突然涙が出てきて咳も出始めた。窓を閉めきったが暑いので扇風機でしのぐ。   時間が経つと涙や咳は治まった。しかし目のピントが近くも遠くも合わない感じがする。
   また身体が異常にだるい。午後は寝ていることに。食欲も無い。腸の活動が弱っているみたいだ。

9/5 だるいのは直ってきたが、物がダブって見えてPC作業が苦痛。入力位置を間違えて修正多数。最初は左右の視力がずれているかと思ったが、片目で見てもダブって見える。合成香料に含まれる化学物質の影響で視神経が狂ってしまったか?

9/6 やっといつもの調子に戻ってきた。ウォーキング途中で友人に飲みに誘われるが、柔軟剤の合成香料の影響が残っている所にアルコールが入ると意識を失いかけた事が2度有った(注)ので、今日は遠慮する。

9/7 町内の集まりで喉が痒くなってきた。再び体が異常にだるくなったので、昼寝するが余り良くならない。食欲も出ない。

9/8 やっといつもの自分に戻った様だ。しかしまだ目が少しおかしい。

9/9 目は少しずつだが影響が薄れてきた。

 この様に、合成香料を吸ってしまうと、その影響を完全に排除する(体から影響物質が排出されるまで)に1週間位掛かる。その途中でまた吸ってしまうと、直りかけた症状がまた再発することが分かった。

(注)意識を失いかけた時や視神経にひどい影響が出た時
1回目 横浜での忘年会の電車帰り。降車駅に近づいた時、急に目の前が真っ暗で見えなくなった。意識ははっきりしている。降車駅に着き、電車のドアが開く音がしたので、位置の記憶と手探りでとにかく電車を下りる。ホームで暫く動けないでいると、段々と回復してきたので階段を上り改札へ歩く。

2回目 娘の結婚式の料理試食会でワインの試飲もした。少し酔いが回って良い気持ちでもうすぐ終りになる頃に、突然意識が遠のきそうになり、動けなくなって車椅子で別の部屋に運ばれて休んだ。試食会の前に、洋服のサイズ確認で試着したが、その時の担当の人が強烈な柔軟剤を使用している人でずっと我慢をしていたのが影響したのか。

3回目 民宿で温泉に入り浴衣に着替えて夕食に行った。この時、浴衣に柔軟剤の香りがした。妻とビール大瓶を半分づつ飲んで美味しい食事を楽しんで帰ろうとした時、急に意識が遠のきかけた。直ぐに治まったので他の人は気が付かなかった。夜布団に入ると、咳が出て寝られないので、臭いのする浴衣とシーツを止めて着替えて寝たらぐっすり眠れた。


0 件のコメント:

コメントを投稿

宜しかったらコメントを下さい。多忙(登山、花の写真整理)や体調不良で返事が遅くなるかも知れませんがよろしくお願いします。