2015年6月21日日曜日

帰省と香害

 中学校の同窓会で帰省することにしましたが、合成香料アレルギー(化学物質過敏症の一種)である私は電車や人混みの会合は一番危険で覚悟が要ります。

 最近は柔軟剤や洗剤に香り付きの物が多く、メーカーは競って香りを強くし、また競って香りを長持ちさせる様にしています。これにより、強い臭いで残香性も高く、かなり離れた距離でも匂いを感じ、またそれらを使用している人が通った後には、強い風が吹き飛ばしてくれでもしない限り、かなり長い時間臭いが残っています。

 ニオイは一旦感じた後は、感度が落ちてしまい、同じニオイはもっと強くしないと感じなくなってしまいます。冬至にゆず湯に入りますが、入った瞬間は良いユズの香りを感じますが、直ぐに感じなくなってしまいます。そこで、ゆずを揉んでやるとまた匂いを感じますが、これも直ぐに感じなくなってしまいます。これと同じ事で、強力な香り付きの柔軟剤や洗剤を使用している本人には、そんなに強い臭いとは感じられないでしょう。

 ところが、この匂いは化学合成で作られた物で、色々な化学物質が含まれ、その大半は麻酔作用を有し、発癌性の物もあります。しかし、現在は家庭用という事で、それらを規制する法律が有りません。最近では50種類もの香料を使用していると宣伝している柔軟剤も有るほどです。現在はその成分について表示義務が無く、単に「香料」としか書かれていません。このため、ある合成香料メーカーが使用している化学物質を調べてみると、大量のトルエン(シンナーの主成分)とかクロロホルム(以前は麻酔薬として使用されていたが、死亡する可能性が高く現在は使用されていない)等を使用しています。これらを用いて天然の匂い成分を合成している事になっていますが、全く同じ成分になっているのか、不純物(たとえば未反応のトルエン)が残っているのかは素人の私には分かりませんが、余りにも強力だと薬も毒になる様に害が出るのは想像出来ます。

 大半の人はこれらの揮発性化合物に対して匂いしか感じませんが、これらに弱い人(数%居ると言われている)が大量に吸ったり、微量でも長い間吸い続けると、有る日突然これらの化学物質が持つ毒性を感じる様になってしまいます。その日は突然訪れます。私は2007年からずっとそういう状態ですが、妻は私とほとんど同じ環境で暮らして家で近くから来る臭いを毎日の様に嗅いで、そして先日2時間程度柔軟剤の臭いを私と同じ部屋で嗅いだら、同じ症状でダウンしました。

 以下は私が今回帰省して柔軟剤剤にさらされた経過とその結果出た症状です。

6/20 自宅~東京駅  活性炭マスクで防御

    新幹線       最初マスクで防御。途中で外してみたら臭いがしないのでそのまま。
               ところが、トイレに行くので車両後部へ歩いたら、後ろ半分は臭いが
               充満していた。

    名古屋~中央線 マスクで臭い感じず。

    ホテルの宴会場 自分の席からはたまにかすかに臭いを感じる程度
               ここでは当然マスク無し。
               アルコールは臭い物質と同じ仲間の揮発性有機化合物で、臭いを嗅いだ
               後にアルコールが入ると劇的に効いて意識を失うので、ビールだけを
               ちびりちびり飲む

    ホテルの喫茶  隣のグループかウェイターか分からなかったが、かなり臭いがしてきた
               次第に気分が悪くなり、頭もボーとしてきた。

    泊まった弟の家 夜中に咳や胸をちくちく刺す様な痛みで何度も目が覚め、トイレに行く。

6/21 実家~名古屋  マスクで防御。しかし、途中で隣に座った夫婦はマスクが効かない程の
               臭い方で、席を隣に移動して少し離れたがまだ臭ってきた。

    新幹線      がらがらに空いていてマスクをしていたので問題無かった。

    東京~最寄駅  マスクで防御。

   娘のマンションに立寄り・・・共用エリアやエレベータはいつも臭いが充満している。
               マスクで臭いは感じなかったが、目に沁みてきた。娘に会う頃には
               目がうるうるになって、涙がこぼれそうだった。

    自宅に帰り    まだ時々胸の痛みが残る。この投稿を書いているPCのキーボード文字は
               複視で文字が縦にダブって見える状態です。

6/22   以前の職場の近くの歯科医へ電車を乗り継ぎ2時間近くかけて検診に行って来ました。
      家から出たらずっとマスクで防御し歯科医院までずっとマスクを付けたままで、マスクを
     していても臭いが来る時は離れた場所に逃げました。

      歯科医院では、歯科技工士や医師は柔軟剤の臭いはしなかったのですが、離れた
     席からかすかに臭いが漂ってきました。

     帰ってきてからの庭仕事も、どこからか柔軟剤の臭いが庭に立ちこめていたので、暑い
    けどマスクをして行いました。

    結果、吸い込んだ量が少なかったせいか、午前中で胸の痛みや朝は太腿も痛かったの
   が直りました。複視もだいぶ良くなってきました。やはり吸い込む量を抑えるのが一番の
   様です。
     


    

0 件のコメント:

コメントを投稿

宜しかったらコメントを下さい。多忙(登山、花の写真整理)や体調不良で返事が遅くなるかも知れませんがよろしくお願いします。