2015年6月23日火曜日

我が家に侵入してくる柔軟剤の香り成分(揮発性有機化合物)の分析依頼検討

 今日は車庫の所の生垣剪定をしようとしたら、柔軟剤の臭いがしてきて急いでマスクをしました。この時期は、活性炭のマスクをして力仕事をするのは暑いし息苦しいので苦痛です。

 我が家に毎日の様に押し寄せる柔軟剤からの香り成分(揮発性有機化合物)と私の症状の相関を取る為に、大手メーカーの系列と大学の研究報告に載っていた分析会社の2社に分析の可否と費用について問い合わせました。柔軟剤から発生する香り成分の中には、空気中で酸化されより毒性の強い物質に変化する物があり、実際に到達している所のガスを分析する必要があります。

 その結果、大手メーカーの系列は無しのつぶてでしたが、もう1社は先日すぐに丁寧な回答がありました。結果は、個人では費用負担不可能なレベルでした。

  以下、一部改変して有りますが問い合わせ内容と回答を貼り付けます。
-------------------------------
<問い合わせ内容>

 近隣から自宅の部屋に侵入してくる柔軟剤の合成香料で体調が悪くなることが有ります。体調不良の症状と侵入してくる合成香料からの揮発性有機化合物の関係を知るために、室内の空気に含まれる揮発性有機化合物の分析ができないかと考えています。費用は数万円程度までなら可能です。化学については素人ですが、室内の空気を吸着する?等でお送りしてガスの種類とレベル分析をお願いすることが技術的・費用的に可能でしょうか?


<回答内容>
 この度は弊社ホームページをご覧いただき、誠に有難うございます。
 近隣からの香料の匂いにお困りになられているとのこと、大変お気の毒に存じます。

 臭気分析は各種分析の中でも最も難しい領域と考えられていますが、分析装置の感度より人の鼻の感度が何万倍も高いことが大きな原因になっています。

 弊社では数千万円もする最新の分析装置を導入して受注分析を始めましたが、臭気成分を特定するためには30~50万円がスタートラインになっています。
 どこまで厳密にやるかという問題もあり、ステップを重ねるごとに数十万円刻みで料金が加算されます。

 また通常の化学分析ですと試料を分析センターに送付いただいて分析しますが、臭気成分の場合は専門技術者が専用器具で捕集しないと捕集は困難です。
 弊社分析センターは兵庫県高砂市にございますため、仮に貴下がお住まいの○○市までサンプリングに出張しますとそれだけでも20万円近くになると思います。

 負担能力のある企業でないと、これらの費用をご負担いただくことは容易ではないと存じます。
 日々お困りの貴下にこのようにお伝えするのは非常に残念でございますが、臭気分析は企業間取引がようやく始まったばかりでまだ民生用の仕事にはなっていないとご理解いただけませんでしょうか。

 何年かかるかわかりませんが、もっと技術が進んで企業外でも気軽にご発注いただける料金まで下げられればと弊社も思います。
 ご期待に沿えませず申し訳ありませんが、状況をお察しいただきたくご回答申し上げます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

宜しかったらコメントを下さい。多忙(登山、花の写真整理)や体調不良で返事が遅くなるかも知れませんがよろしくお願いします。