2017年2月21日火曜日

他人の服に残る柔軟剤は「毒ガスの苦しみ」(産経新聞記事)

他人の服に残る柔軟剤は「毒ガスの苦しみ」 理解されない化学物質過敏症の患者

 YAHOOニュースに表題の産経新聞記事が掲載されました。
 私のお知らせしたい事がうまくまとめられています。
 私は近所のアレルギーをうたう医院にイソシアネート感作の検査を出来ないか問い合わせたら、健康保険ではいやだと拒否されました。医師の間でも理解されていません。

以下記事の冒頭部分です。
 汗の臭い対策などとして強い芳香や消臭効果のある洗剤や柔軟剤などの需要が高まる陰で、苦しんでいる人たちがいる。「化学物質過敏症(CS)」の患者たちだ。他人の衣服に残る柔軟剤などの化学物質が、めまいや頭痛などを引き起こすため、飲食店に入ることもためらわれ、会社や学校に行くのが困難になるケースもある。CSは暮らしの中にある化学物質によって発症する身近な疾病にもかかわらず認知度が低く、患者は周囲の無理解にも苦しんでいる。

YAHOOニュースへリンク↓(産経新聞 2/21)

0 件のコメント:

コメントを投稿

宜しかったらコメントを下さい。多忙(登山、花の写真整理)や体調不良で返事が遅くなるかも知れませんがよろしくお願いします。