2018年3月26日月曜日

学校環境衛生基準とイソシアネート

 消臭スプレーのテレビコマーシャルを見ていると、お母さんが洗濯が面倒だからと代わりに子供の色々な物にスプレーしてニコニコするシーンが出てきます。

 しかし、私が実験した所では、この消臭スプレーからアメリカの職業病予防の規定値(ACGIH許容濃度)1ppbの20倍近いイソシアネートが部屋中に充満する時が有りました。消臭スプレーされた物を子供たちが学校に持って行ったら、有毒物質を扱う職場より教室がひどい事になります。

 このイソシアネートという物質は、−N=C=O という部分構造を持つ化合物の総称で色々な種類、用途が有ります。代表的なトルエンジイソシアネート(TDI)は臭いを感じなくて(臭いを感じる濃度では生命が危険と言われている)、喘息や皮膚アレルギー等を起こす物質で、トルエンの数万倍の毒性です。また一度喘息を起こしてしまうと、イソシアネートに対して過敏となり、許容濃度以下であっても再び喘息となる。TDIの蒸気、エアゾール或いはミストは眼刺激を引き起こす。TDIは中程度の皮膚刺激性を有しており、稀に皮膚感作や皮膚炎を起こすと言われています。

 また、測定は1ppb(1ppmの千分の一)とかの微小単位を扱い、非常に不安定な物質で短時間に化学変化してしまうので、ISO規格で定められた特殊な捕集方法で高速液体クロマトグラフでの分析や輸入品の特殊な測定器(イソシアネート基の合計を求める)が必要です。

 更に私の家の回りの様な所は外気が2ppb位になる時もあるし、柔軟剤の人と接しただけで0.7ppbとか衣類が汚染されてしまうのが分かっているで、気を付けないと何を測っているか分からなくなります。

 学校ではシックハウスで問題となっているホルムアルデヒドやトルエン等の濃度規格が定められていますが、イソシアネートは規格が有りません。そこで、学校環境衛生基準と職業病予防の許容濃度の規格、私が測定した消臭スプレーから出た値をグラフにしてみました。許容濃度なので値が小さい程毒性が強く厳しい管理が必要です。 

 トルエンジイソシアネートのACGIH(アメリカ合衆国産業衛生専門官会議)許容濃度は1ppbなので、棒グラフには棒が出ていませんので注意して下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

宜しかったらコメントを下さい。多忙(登山、花の写真整理)や体調不良で返事が遅くなるかも知れませんがよろしくお願いします。