2019年2月1日金曜日

人にくっついて持ち込まれる有毒成分と我が家の汚染された外気

<人にくっついて持ち込まれる有毒成分>
 電車に乗って病院へ通院する妻を車で最寄り駅まで送迎しました。送って行く時は何んとも有りませんでしたが、帰りは妻が車に乗ると私は臭いは感じませんがマスクをしていても咳が出ました。有毒成分が出ています。

 自宅に着いてマスクを外すと妻から強烈な柔軟剤臭がします。歩いた跡にも臭いが漂っています。直ぐに着替えて貰い臭いは気にならなくなりました。脱いだズボンや上着からきつい柔軟剤臭がします。電車の中や病院でくっついてきた香料マイクロカプセルが臭いと有毒成分を出していると思われます。

 衣類にくっついたマイクロカプセルの顕微鏡写真は前回の投稿を参照して下さい。
https://mukouryou.blogspot.com/2019/01/blog-post_29.html


<我が家の汚染された外気>
 我が家の外気を数日間、PM10、PM2.5、PM1.0といった微粒子測定器でHCHO(ホルムアルデヒド)、TVOC(揮発性有機化合物の総量)と共に観測していますが、日によって大きく変動することが分かりました。意外だったのは、1/31夜の様に雨の降り始めに急上昇する事です。しかし、夜間雨や雪が降った後の2/1ではほとんど観測されなくなっています。

 我が家に飛んでくるPMは顕微鏡で見ると、ほとんどがマイクロカプセルです。
 自宅に飛んできているマイクロカプセルの顕微鏡写真は以下の投稿を参照して下さい。
https://mukouryou.blogspot.com/2018/10/blog-post.html

 環境省のPM2.5の基準を見ると、1日平均値35㎍/㎥が高感受性者は健康への影響がみられることがあるとなっています。また1日平均値70㎍/㎥越では不要不急の外出や屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らすとなっています。

 自動でデータを記録してくれる装置を購入したのですが、測定値が疑わしいのでメーカーに修理に出しました。今回は記録機能が無い測定器でしたので、測定時間がまばらになり、夜間は測定出来ていません。修理が終わり次第記録式の装置で定期観測したいと思います。

<微粒子(マイクロカプセルと思われる)で汚染された外気>



















 一般に新鮮な空気を取り入れるのに窓を開けて換気と言われていますが、我が家では窓を開くと大量のマイクロカプセルが部屋に入ってきます。朝雨戸を開けるためにわずかな時間窓を開くだけで、室内のPM2.5測定値が急上昇します。以前、窓を開きっぱなしにしていた頃は、畳の上にキラキラ光る微小な点(マイクロカプセル)が多数見えました。

 吸い込んだPM2.5サイズのマイクロカプセルが肺の中でどうなるかは、以下の愛媛産業保健総合支援センターの「産業保健コラム」が分かりやすいです。
https://ehimes.johas.go.jp/wp/topics/827/

 香料マイクロカプセルが肺から吸入吸収で効率よく血液に取り込まれ、血液脳関門を突破*し、脳の中で破裂して香料をばらまき、殻から猛毒のアレルギー物質であるイソシアネートが発生する。恐ろしい事が起こっているかもしれません。
 そうすると、妊婦の方は、血液を通して胎児にまで影響を与えている事になります。

 それでもいい香りが長持ちするマイクロカプセル入りの柔軟剤や洗剤を使いますか?

*「血液脳関門を突破」については、以下のコメントを参考にしています
 マイクロカプセルが血液脳関門を突破できるかという疑問ですが、先日、北里の専門医に伺ったところ、突破できるだろうとのことでした。(2019.02.02追記)

0 件のコメント:

コメントを投稿

宜しかったらコメントを下さい。多忙(登山、花の写真整理)や体調不良で返事が遅くなるかも知れませんがよろしくお願いします。