2016年9月13日火曜日

香りが強く長続きする柔軟剤のマイクロカプセル撮影(原液)

 顕微鏡は持っていませんが、デジカメ+マクロレンズ(等倍撮影)で柔軟剤のマイクロカプセルが見えないか試してみました。

 先ずは原液の中につぶつぶが無いのか、爪楊枝の先に原液を付けてプレパラートに垂らして撮影してみます。画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。

14:22スタート
14:26(4分後)

最初の頃はただの水滴の様です。

乾燥してこないとつぶつぶは見えません。










14:27(5分後)

乾燥してくると、徐々に何かが浮き出て来る様です。















14:28(6分後)


徐々にはっきりしてきます。
















14:29(7分後)
















14:31(9分後)
















14:34(12分後)






小さな黒い点が沢山浮き出てきます。














以下は16:00(1時間38分後)に焦点を向う側から手前側にずらしながら撮影



小さな細かい点がマイクロカプセルと思われますが、個々の形を見るのは高倍率の顕微鏡でないと無理の様です。





































←爪楊枝でなぞった跡と思われる




←一番細かい点がカプセルか?




 今回は原液をそのまま観察しましたが、次回は規定の希釈率で薄めた物や繊維にくっついた状態で観察してみたいと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿

宜しかったらコメントを下さい。多忙(登山、花の写真整理)や体調不良で返事が遅くなるかも知れませんがよろしくお願いします。